子育てのイライラ 妊娠出産に伴うホルモンが原因だった!?

そのイライラは、ホルモンバランスが原因だった!待望の子どもを授かり、幸せな妊娠生活を送り、出産を迎え、いよいよ楽しい子育て!のはずが、なぜかイライラする。不安になる。孤独を感じる。

多くの母親が悩むその現象の原因は、実は女性の妊娠出産に伴う特別なホルモン分泌による影響だということが、最新の科学で分かったというのです。

スポンサードリンク



そのイライラ、実はホルモンが原因なのです。

2016年1月31日にNHKで放送された番組、「NHKスペシャル ママたちが非常事態!?最新科学で迫るニッポンの子育て」という番組を拝見しました。

内容は、多くの母親たちが感じるイライラや不安、孤独などについて取り上げられており、とても興味を引くものでした。

更に興味を持ったのは、母親が感じるイライラや不安、孤独などが単純に問題視されているだけでなく、その原因を最新科学で明らかにしてくれていることでした。

最新科学によると、子どもを産んだ母親がイライラしたり、子育てにおいて不安や孤独を感じるのは女性ホルモンによる影響で、ごく自然な現象なのだそうです。

なぜ産後イライラしてしまい、なぜ子育てに不安と孤独を感じるのか。

今回は番組の内容を振り返り、まとめてみたいと思います。

スポンサードリンク



夫へのイライラはオキシトシンが原因だった!?

産後間もない子育てでよくあるのが、夫に対してのイライラではないでしょうか。ちょっとしたことでもイライラしてしまったり、酷いときには夫の存在自体が気に障ることもあります。

子どもがまだ幼く手がかかる時期。本当なら夫の協力は不可欠なはずなのに、なぜかイライラしてしまいうまく助けてもらうことができません。

しかしこの夫に対するイライラにも、実はホルモンが関係しているというのです。

そのホルモンの名は、「オキシトシン」。子どもを産む時や、授乳している時に特に多く分泌されると言われています。

オキシトシンというと、親子の信頼やパートナーとの愛情、周囲との協調性などの効果があるホルモンとして「愛情ホルモン」や「幸福ホルモン」と言われていました。しかし夫へのイライラも、このオキシトシンの分泌が関係しているというのです。

では、なぜこの愛情ホルモンであるオキシトシンが、夫へのイライラを生みだしてしまうのでしょうか。それは、オキシトシンが持つもうひとつの働きによるもののためなのです。

じつはオキシトシンには、愛情だけはなく、他者への攻撃性も強める働きがあることが最近になって明らかになってきたのです。それは夫に対しても同様です。子育てに対して非協力的な夫に対してオキシトシンはむしろ攻撃性を高めてしまうのです。

ではどうすればこのオキシトシンを、攻撃性ではなく愛情を高める方に働かせることができるのでしょうか。番組では、その方法についてこんな実験が行われていました。

母親が育児でストレスを感じているとき、何をしているときにリラックスすることができて、愛情が高まるかを心拍や副交感神経をみて調べたのです。

その結果妻のリラックス状態が安定したのは、「夫が妻の育児相談に真剣に耳をかたむけ、寄り添いの気持ちを示すこと」だったのです。

寄り添う夫婦

常々これは大切なことだとは思っていましたが、オキシトシンというホルモンが関係していたことや最新科学で明らかになったことで、更にその重要性を感じました。

子育てで妻の負担を減らす、助けるというと、つい物理的に考えてしまいがちです。

夫は妻を助けるためには、もっと積極的に子どもの世話をみればいいのだと思うでしょう。お風呂に入れて、オムツを替えて、相手をして…。

もちろんそれもとても大切なことですが、妻の子育ての苦労や辛さ、悩みを理解し、共感し、「それは辛かったね」「よくがんばってるね」と気持ちに寄り添うことが妻にとってもっとも大きな支えになることが実験で明らかになったんですね。

実際、多くの夫には日中仕事がありますし、父親が母親の代わりをすることはできません。

子育ての多くの部分を自分がやらなければならないことも、母親は分かっています。

しかし夫には夫の大切な役割がちゃんとあるんですね。家に帰ってわずかな時間でも子育ての話を聞くことはできるでしょうし、頑張っている妻を労うこともできます。

それは一見、子育てを協力しているようには思えないかもしれませんが、それも立派な子育てへの協力なんですね。

ハート5

妻を支えるやり方は、何も物理的な方法だけではないんですね。

むしろ今回分かったように、母親の身体にホルモンの変化などがあり辛い時、妻の気持ちに寄り添い安心させてあげることこそ、忙しい夫にもできる最高の子育て協力法ではないでしょうか。

夫には夫の仕事があり、妻には妻の仕事があります。それを入れ替えることはできません。

出来ないことは出来ないでいいと思いますが、その分、出来ることをしっかりとしてあげることが大切なのだと思います。

子育ての不安、孤独感は人類の進化が関係していた!?

番組では、産後の母親たちが孤独を感じるのにも科学的な理由があり、ホルモンが関係していると言います。

その不安や孤独感に関係しているのは、女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」。胎児を育てる働きを持つため、妊娠から出産にかけて分泌量が増えると言われています。妊婦

エストロゲンは、妊娠に備えた身体づくりに作用する他にも、女性らしさを保つ働きがあると言われており、「美人ホルモン」とも言われますが、実は出産を境に急減するのだそうです。そしてこのエストロゲンの急減により母親の神経細胞の働きが変化し、不安や孤独を感じるようになるのだと言われています。

では、なぜ出産したらエストロゲンが減ってしまうのでしょうか。

番組によると、それは人類が進化する過程で確立した、「みんなで協力して子育てをする」(共同養育)というスタイルによるものだと説明しています。

私たち人類は700万年という長い進化の過程で、子どもを産んだらその後は「みんなで協力して子どもを育てる」というスタイルを選んだんですね。

エストロゲンがなぜ減少するかというと、出産後の母親が「仲間と共に子育てしたい」という欲求を感じるためなのです。私たち人類は長い進化の過程で、そういう欲求を感じるようにつくられていったのだそうです。

しかし700万年のこの進化に対してここ100年くらいの短い期間に、社会では急激な核家族化が進んでしまいました。

核家族が増えた現代の社会では、母親が当たり前に感じるその欲求が叶わなくなりました。

本能的な欲求と、それが満たされない環境が、母親の強い不安や孤独感を生み出しているのだと考えられているのです。

“ママ友”というものは日本特有の社会現象なんだそうですが、これは核家族化した現代社会が生み出した「支え合いたい、分かりあいたい」という母親の本能的な欲求によるものだったんですね。

”ママ友”と聞くと、良いイメージもあれば、少しトラブル的なイメージがつくこともあります。

しかし、人付き合いが苦手だからと家の中に閉じこもって子育てをすることは、人付き合いという面でのストレスやトラブルを避けているようで、反面子育てのストレスや孤独感を増やしてしまいかねないんですね。

幼い子どもを育てる母親がよく感じる、「子どもと2人っきりになる時間が苦痛だった、恐怖だった」という気持ち。

こんな風に思ってしまう自分はダメな母親なんじゃないかと、ますます自信を失って落ち込んでしまいます。だけどこの気持ち、みんな同じなんですね。

ママ友付き合いやご近所付き合いは、確かにある面では面倒な部分もあるかもしれませんが、やはり親にとっても子どもにとっても必要な、大切な繋がりなんだと改めて感じさせられます。

子育てだけでなく、何か困ったことがあった時、やはり近くに助け合える人がいることは心強いものです。

みんなが他人のような顔ですれ違う環境よりも、家族や友人のように挨拶を交わしあえる環境の方が、私たち人間は生きやすくできているのだと思います。

自分の子育てだけに限らず、人は誰でもみな繋がりや支え合いを必要としているのかもしれないという意識をもって、人との付き合いや繋がりを大切にしていきたいなと改めて思います。

まずは自分にできることから

出産後の子育てでイライラする訳、子育てに不安や孤独を感じる理由について、一部でホルモンバランスが関係しているというを知ることができました。

こんなことでイライラする自分がいけないんじゃないかと自分を責めてしまったり、不安や孤独を感じる自分を理解できずに苦しむ必要はなく、これも自然なことなんだと分かるだけでも少し救われるような気がしますね。

こういった理解や情報がもっと広がれば、母親たちのストレスや悩みは少し軽減されるのではないかと思います。

母親の負担やストレスは、そのまま子どものストレスや負担に直結します。

悲しいことに、育児放棄や虐待などで、せっかく誕生した幼い命が奪われてしまうというニュースが後を絶ちません。

それを一言で「酷い親だ」と責めてしまうのは簡単ですが、私個人としてはそこにどんな原因があり、どんな過程があったのかを知ることが何より大切なのではないかと思います。

そして同じことが起きないようにどんな対策が可能なのか、どうすれば一つでも多くの大切な命を守れるのか、どうすれば一人でも多くのお母さんたちが愛情をもって楽しく子育てに取り組めるのか。

番組でも言われていたように、「人間はひとりでは子育てできないようにできている」のであれば、それが人類の選んだスタイルなのであれば、その本能に沿った解決策を考えていく必要がありそうですね。

また自分自身も振り返り、もっと普段から幅広い年齢層の方や、周囲の方との交流を持つ意識が大切だなぁと感じました。

私は今回たまたまこの番組を知り、見ることができましたが、もっと多くの人に知ってもらい、一人ひとりが自分に出来ることを考えてほしい内容だと感じました。

番組でも言われていましたが、こういった知識が、もっと広がる社会になっていってほしいですね。

しかし私たち一人一人にもたった今からできることはあります。

子育て中であれば、もっと積極的に人との繋がりをもってみること、もっと素直に周囲に頼ってみることができます。

もしくは支える側として、身近な友人や知人に声をかけ、話し相手になることができます。

そうして一人ひとりの働きかけが人伝いに広がっていき、いつか社会全体にそういう優しい空気ができてくるといいですね。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ