泣き声のイライラを乗り切るアイデア実例/子育ての悩み

子育てにイライラする項目について、「泣き声」というのは意外と多いんですね。
不意に子どもが泣き出すと、その泣き声を聞いているうちにイライラしてしまい、つい「うるさい!」なんて言ってしまうことも。

赤ちゃんや子どもが泣く度にイライラするのは親も疲れますね。
子どもの泣き声にイライラしないための対処法をご紹介します。

スポンサードリンク



泣くことは一種の運動

赤ちゃんが泣いている時は、すべて何かを訴えているときで、それに対して何かしら応えなければならないと思ってしまいますよね。

しかし、お尻もスッキリして、ミルクもたっぷり飲んで、特に体調が悪いわけでもないのに、赤ちゃんが泣き続けることがあります。

原因が分からないのに泣き続けられると親としては心配になりますし、不安になりますよね。

しかし、特に理由もなく赤ちゃんが泣き続けることもあるそうです。

そんな時は、赤ちゃんは泣くことでエネルギーを発散させているんだと考えるのも一つです。

よく昔は、「たくさん泣けば肺が強くなる」なんて言ったもんです。

赤ちゃんが泣くことは悪いことではなく、「早く泣きやませなくてはいけない」ものでもなく、赤ちゃんの運動だと捉えることで少しは気が楽になります。

スポンサードリンク



マイナスをプラスでカバーする

こんな事を言っていたお母さんのお話です。

「私は、娘の泣き声を聞くとどうしてもイライラしてしまう。我慢ができなくなってしまう。

この問題は根深くて、これを解決するには私の根底からまるごと変えていく必要があると思う。

だけど、それをすることは簡単なことではないから…。

だから私は、そんな自分の中にあるマイナスの部分を、プラスの部分でカバーしようと考えた。」

これはどういうことか。

つまり、このお母さんは、娘の泣き声に対して、どうしてもイライラや怒りが出てしまうのだそうです。

そしてご本人も自覚されていますが、どうやらその原因は自分の幼少期の育ちが影響しているようなのです。

このお母さんは、幼少期に泣いて甘えることが許される環境ではなかったんですね。

しかし幼少期に原因があるだろうという見当がついたところで、今が苦しいのだから即急にそれを何とかしなければなりません。

このように、根深いところに原因がある場合、確かに根本解決するには時間がかかるでしょう。

子育ては毎日のことですからね、目先の苦しみにそんなにのんびり構えてられないということも当然あります。

今すぐにこの苦しみから解放されたい。今すぐに子どもとの関係を改善させていきたい。

そこでこのお母さんは、「自分の中に根強くあるマイナスな部分に勝るほどのプラスを持とう」と考えられたのです。

なるほど、と思いました。

私たちは誰でも、苦手なことを克服するよりも、得意なことを伸ばす方がよほど結果を出せます。

犬 フリスビー1

例えば子どもでも、苦手なことをやらせて平均点をとらせるよりも、得意なことをやらせて高得点をとらせる方がより結果が出やすいのです。

このお母さんは、苦手なこと(子どもの泣き声に対してイライラしないこと)よりも、得意なこと(子どもと一緒にいっぱい遊んであげる、「大好きだよ」をいっぱい伝えること)を増やそうと考えました。

それまでは、「子どもの泣き声にイライラする私は母親失格だ」と思われていたそうです。

しかし、子どもにとって良い母親であれる時間を意識的に増やすこと、「確かにダメなところもいっぱいあるけど、母親失格なわけではない」と思えるようになったのです。

そして娘さんも、母親の良い部分によりたくさん触れることで、ただイライラして落ち込むばかりの母親としての印象が薄らいだだろうと思います。

人間誰しも、苦手なことやマイナスな部分、簡単には克服できないものというのはあると思います。

その部分を解決することも大切なことではありますが、中にはそう簡単に解決できないようなこともあるでしょう。

長期的にじっくり解決していくとしても、日々の生活は続きます。

そんな時、そのマイナスな部分だけに囚われて「自分はダメな人間なんだ…」と落ち込んでいては本人も周囲の人も辛いだけです。

「確かに私にはダメな部分があるけれど、だったらなんとか良いところでカバーしていこう」とすることは日々の生活を少しでも明るくしてくれるはずです。

子育てにおいて、あなたの得意なこと、できることは何でしょう?

自分の苦手なことに注目するばかりでなく、自分が得意なことに注目して、プラスでマイナスをカバーしてみてください。

苦手なことは、少しずつ、ゆっくりゆっくり解決していくという道もあります。

マイナスな部分が目立たないくらい、プラスな部分をより全面に押し出していきましょう^^

共感の言葉が自分を救う

ママ

これは、子どもの泣き声にイライラすることを見事に克服したお母さんのお話です。

このお母さんは、赤ちゃんの泣き声に対していつもイライラしていたそうです。

子どもが泣きだすと、心の中で「あ、おむつかな?ミルクかな?」と思いながら、また心の中で、「すぐに用意するから待っててね」と思って動き始めます。

しかしその間も大音量で泣き続ける子どもに対して、「ちょっと待ってよ!今用意してるんだから!そんなに大きな声で泣かないで!」とイライラし始めます。

このお母さんにとって、子どもの泣き声はとても辛いものでした。

「うぎゃー!うぎゃー!」という赤ちゃんの泣き声は、ただ自分を責めている声にしか聞こえなかったのです。

このお母さんは、日頃から赤ちゃんに対して「言葉かけ」をすることがありませんでした。

その理由は、まだ言葉が分からない赤ちゃんに対して一方的に会話をすることに抵抗感があったからです。

しかし、このお母さんは、次第に赤ちゃんに対してたくさんの「言葉かけ」をするようになります。

赤ちゃんが泣く度にこのお母さんは、「そーなの、そーなの、おむつが濡れて気持ち悪いね。今変えようね。」とか、「お腹減ったね、すぐにおっぱい飲もうね。」と共感の言葉をかけるようにしました。

すると不思議な事に、今までイライラしていた泣き声に対して、イライラすることがなくなったのです。

このお母さんが言葉かけをすることで感じたのは、赤ちゃんの気持ちに共感することで、「泣き声が赤ちゃんの言葉のように聞こえる」ということでした。

泣き声にイライラしていた頃は、「うぎゃー!」はただの「うぎゃー!」でしかなく、ただただ不快でうるさいだけの「音」でした。

しかし、共感の言葉かけによって、赤ちゃんの泣き声は「赤ちゃんの言葉」なんだと感じるようになったのです。

もちろん、これは主観の問題です。ただ、赤ちゃんへの言葉かけをすることで、泣き声の感じ方が自然と変わっていったのだと言います。

すると、以前は責められているように感じていた赤ちゃんの泣き声が、「おむつが濡れていることを教えてくれる言葉」として感じられるようになったのです。

そして更に、「○○ちゃんは、おむつ代えてってちゃんと言えるんだね~。すごいねぇ~、よくできたねぇ~!」って言葉かけをする。

そうしたら、自分自身の言葉に自分の感情も引っ張られて、「この子はちゃんと泣けて、本当にすごい子だ!」と思えてきたんだそうです。

面白いのは、もともとそういう穏やかな対応が出来ていなかったお母さんが、こんなにも変わったというところですね。

以前なら、赤ちゃんが泣き続けている間にずっと無言でイライラして、最後には「うるさい!」と怒鳴っていた人です。

それが、共感の言葉かけをすることで不思議とイライラしなくなったというのですから、やっぱり言葉のもつ力は凄いですね。

赤ちゃんが泣き始めたら、訳が分からなくても「そーなの、そーなの」という言葉かけをするだけでも効果があるみたいです。

赤ちゃんだけでなく、自分自身も楽になる共感の言葉かけ、試してみる価値は十分にありそうですね^^

赤ちゃんの泣き声はイライラする周波数

耳をふさぐ女性

じつは、赤ちゃんの泣き声というのは、身の危険を保護者に知らせるために敢えて不快な周波数を持っています。

なので、母親にとっては生理的に不快な音ではあるのです。

赤ちゃんの泣き声を聞き続けることは、不快な周波数の音を聞き続けることと同じなので、イライラすることは特に不思議なことではありません。

「子どもの泣き声にイライラしてしまう私は、ダメな母親なんだ」と落ち込む必要は全くないんですね。

しかし、泣き声に対してイライラしっぱなしであることは、子どもにとってもあなた自身にとっても好ましいことではありませんね。

不快な周波数にイライラする理由は生理的なものなので、自分を責める必要はありませんが、それを放置せずに改善したり、カバーする努力はした方がいいと思います。

どうしても子どもの泣き声に対してのイライラがなくならない場合は、「マイナスをプラスでカバーする」という方法もいいと思います。

赤ちゃんの泣き声に共感の言葉かけをすることで、案外今までのイライラが治まるかもしれません。

泣くことは赤ちゃんにとっての運動だと考えるのもいいでしょう。

泣き声が頭に響いて偏頭痛には辛い…という方は、体調に合わせて耳栓を利用するのも一つです。

耳栓を使うのは賛否両論ありそうですが、親がストレスを溜めるとやはりそのしわ寄せは子どもに行ってしまいます。

イライラすることへ何の対処もせず、ストレスを溜めるだけ溜めて子どもにぶつけてしまう結果になるくらいなら、少しでもイライラしない方法を取り入れてみた方がいいだろうと思います。

人それぞれの解決法や対処法があると思いますので、人の経験も参考にしながら、ぜひ自分にぴったりの対処法を見つけてみてください。

思考錯誤しているうちに、気付いたら子育ての「泣き時代」が終わってた、なんていう方もたくさんおられます^^

 

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ