共働きで子育て。本当に幸せな家事の分担とは?

共働きで子育てしてるんだから、もっと家事手伝ってよ!でも、大事なのは本当に家事を分担すること?家族みんなにとって家庭を心地良い空間にするには、ただ家事を分担するだけじゃなくて、もうひと押し欲しい!夫と妻の両方が納得して、共働きと子育てを両立させること。家族みんなにとってのバランスとは?

スポンサードリンク



家事の分担がうまくできない

家事の分担がうまくできていないほとんどの場合、家事の負担を感じているのは女性ですよね。最近では共働き世帯が増えてきましたが、やっぱり専業主婦の方も多いですから、「家事は女性の仕事」っていうイメージがありますよね。

私も、働いて遅くに帰ってきても、やっぱり家事は自分でやるのが自然な流れになっちゃっていると思います。

「家事=女性の仕事」っていうのも、専業主婦ならいいですけど、共働きとなると女性にとってはちょっと辛いですよね。

だけど長い間、ずーっとそんな流れできちゃったもんだから、男性はそれで当たり前になっちゃってるだろうし、働く主婦もついつい頑張っちゃうんだと思います。

ただ共働きをしている以上、家事や育児の分担は軽視できませんよ。

でもね、やっぱりなかなか思うように夫の協力を得られない妻の不満が溢れているんですよね。

スポンサードリンク



どうして夫は家事を手伝ってくれないの?

家事を上手くサポートしてくれない男性を、大きく2種類に分けることができるそうです。

・家事を手伝う気はあるけれど、何をしたらいいのか分かっていないタイプ
・そもそも家事を手伝う気がないタイプ

あなたの夫は前者と後者、どちらのタイプでしょうか?

前者なら、まだ救われますよね。手伝ってあげようって気持ちはあるんだから。

でも、後者も多いだろうなぁ…。結構いっぱいいると思いますよ。

ただ、夫がどちらのタイプだったとしても、諦めてはいられません。

だって諦めたら、一生このままですよ。

私は、少しでもこの状態を変えたいと思います。

家事分担1

妻からの働きかけ次第で必ず今の状態に変化を起こすことはできると思うんですよ。

私は結婚生活って、幸せじゃないと意味がないと思ってるんです。

奇跡的な確率で出会って、想い合って、パートナーとして結婚までしたんです。

なのに結婚したとたん、夫にイライラしたりして、そんな妻の態度を夫は無視したりして、ストレス感じながら子育てに追われて、幸せになりたかったのにただ我慢が続くだけなんて…。

そんなの嫌です。

だから今回は、どうしたら家庭をうまく運営して、家族みんなが幸せな毎日を送れるかを考えたいと思います。

夫に不満を持つことなく、夫を思い通りに操ろうとせずに、ほんとうに幸せな家族ってどういうものなんだろう。

タイプごとにみる夫への対処法

家事を手伝う気があるけれど、何をしたらいいのか分かっていないタイプの夫

この夫には、とにかく丁寧に「何を、どのように手伝ってほしいのか」を伝えるのがいいそうです。

夫が何をしてくれたらあなたが喜ぶのか、あなたは夫がどのように協力してくれることを望んでいるのかを、夫に具体的に簡潔に伝えるんです。ただ伝えるだけです。うまく出来なくても、注意とかはしません。やり方が間違っていれば、優しく見本を見せてあげるんです。

夫が手伝ってくれたら、そのことであなたがどんなに助かったか、どんなに喜んでいるかを言葉と態度で伝えます。夫は、やり方を教えてもらったこともなければ、それをやることで妻がどんなに助かるのかということを知らないんです。それは、これまでそういった機会がなかったということですね。

女性は「そんなこと、わざわざ言わなくても分かるでしょ」と思いますよね(笑)

でも男性って、「言われないことに、勝手に余計な手出しはするべきではない」と思っていることがあるんだそうです。

良好な関係を築き、夫から思いやりや支えを受けたいのなら、女性特有のルールを男性に押し付けてはいけないってことですね。確かに、男性と女性は感覚が違いますからね。

家事の内容も、妻がどうして欲しいと思っているかは、夫にしてみれば初めてのことなんで、よく分かっていないんですよね。

だから丁寧に根気よく教えてあげることが大切なんです。

よく言われるのは、子どもに教えるように優しく丁寧に、なんだそうですよ。こういう努力で、ゆくゆくスムーズに夫からの協力を得られるようになるなら頑張れちゃうかも。

そもそも家事を手伝う気がないタイプの夫

この夫の場合、「家事は女性の仕事だ」という頑固な考えをもってたり、「面倒なことはやりたくない」と怠け心があったり、家事そのものがとにかく嫌いだという場合もあるかと思います…。

男性の中には、本当に寝る間もないほど忙しい場合もあるだろうし、その他にも色んな理由があるとは思います。

専業主婦ならそれでもいいんですが、妻も働いているなら何とかしないとと思います。

ここで一般的には、「離婚も視野にいれて」っていう意見が出てくるんですが、子どももいますしね。結婚生活を続けながら解決していくことを考えたいと思います。

でもこの夫は、そもそも「家族みんなが協力して家庭を築くことの大切さ」に気付いていなかったり、そのことについて真剣に考えようとしていない場合が多いです。

家庭を家族みんなにとって心地良い環境にするためには、家族の一人一人がこのことを基本的に理解する必要がやっぱりあるかと思います。

じゃあ、この心構え、基本的な姿勢をなんとか身につけてもらわなければ。

その為にやること。

それは、まずはあなたがこの姿勢を徹底的に身につけること、これが第一段階なんです。

自分が理解していないものを、相手に伝えることはできませんよね。これと同じで、自分が出来ていないことを、相手に要求することはできません。要求したところで、相手にされないですよね。

じゃあ、まずは自分で身につけるために、何をしていけばいいのか。

ここで、スティーブン・R・コヴィー氏の「7つの習慣」という本を紹介したいと思います。この本は、人格を高めることの大切さと、その方法について書かれているロングセラーの自己啓発本です。

どうしてここで自己啓発本なのか。

私は、自己啓発とかはずっと好きで、本なんかもよく読んできました。

やっぱり、何かの問題を考えると、突き詰めれば結局は自分自身の問題だったりするんですよね。

だから極論を言えば、自分自身さえ高めておけば、ほとんどの問題は解決されてしまう。

そもそも問題自体が起きないかもしれません。

だからこういう家庭の問題も、その解決法として、やっぱり一番根っこにあるものに目を向ける必要があると思うんです。

つまり、テクニックとかで表面上の問題を解決するんじゃなくて、自分に働きかけることで解決させてしまう。

一つの問題を解決することは、他の問題を同時に解決すること。そんな形がいいと思っています。

家庭って人がつくるものですよね。自分がつくるものなんだから、自分を磨くことが家庭を良くする上で一番の早道なんです。

これを分かってしまえば、大抵の家庭問題は人の意見や世間の風潮に頼らず、自分の頭で解決できるようになると思います。

家庭に自己啓発を取り入れる

本

そうは言っても、共働きと子育て、家事と忙しい方は、なかなかゆっくり読書をする時間はないですよね。なのでこの記事では、今すぐにでも家庭に取り入れられる部分をピックアップしてお伝えします。それを家庭に取り入れてもらって、家庭を少しでも心地いい場所にしてほしいなと思います。

主体的であること

主体的であるっていうのは、自分の人生の責任を全て引き受けることです。つまり、今の状況や感情や出来ごとの全ての原因は自分のこれまでの選択の結果だということを理解して、それをまるごと受け入れるっていう姿勢を持つことなんです。これを受け入れることで、本当の意味で自分の人生が始まります。

主体的と反対にあるのが、「反応的」です。反応的な人は、周りの物理的な環境に大きな影響を受けるので、相手の出方に大きく気持ちが左右されてしまうんです。

相手の態度を見てすぐに怒ってしまう人は、反応的になってしまってるんですね。自分の人生の行方を他人に握らせてしまっている状態です。

もし今のあなたが反応的になっている場合、家事を協力してくれない夫の思いやりのなさや欠点に絶望し、「もうこの人から協力を得るのは無理だ…」と思ってしまうかもしれません。

だけどもしあなたが主体的になれば、「今の状況を築いたのも私だ。だからこれから変化を築くのも私だ」っていう風に考えることができるようになるんです。

こんな言葉があります。「私たちは自分の身に起こったことで傷つくのではない。その出来事に対する自分の反応によって傷つくのである」

もちろん、身体的な傷とか、その他例外はありますよ。

だけど、もしあなたの夫が家事を手伝ってくれないとしても、その出来事があなたを悩ましているというよりはむしろ、その出来事に対して“あなたがどう捉えているか”が、あなたを悩ましているんだっていうことなんです。

もちろん、これは厳しい見方ですよね。怒りが全部自分の責任だなんて。相手が冷たいのは間違いないのに…。

だけど、人生の舵を取り、自分の望むものを手に入れられる人っていうのは、やっぱりちゃんとこの事実を受け入れているんですね。

現状に嘆いたり、文句を言って解決するなら主体的である必要はないんですが、やっぱり実際は、主体的であれる人だけが人生を自由に楽しめるんです。

率先力を発揮する

率先力を発揮するっていうと、押しつけがましい態度をとるとか、自己中心的になるとか、強引に押し進めたりするとか、そういうイメージがあるかもしれませんが、そういうことではありません。

進んで行動を起こす責任を自覚する、ということです。

つまり、夫が自発的に家事を手伝ってくれることを期待して待つんじゃなくて、そうしてもらえる方法を自分で考えて、働きかけるっていうことですね。

あなたがどんな態度をとれば、あなたの夫は気分よく家事を手伝ってくれそうですか?夫を一番近くで見て、夫の性格をよく感じて、その方法を考えてみるんです。

人は必ず影響し合って生きています。あなたの態度や行動、言葉は必ず夫の内側に影響するんです。あなたは夫にどんな影響を与えていますか?

夫はあなたに対して、どんな思いを積もらしているだろう?優しさ?それともうっとうしさ?

どこかで出会ったこんな言葉がありました。「自分の気持ちや言動がこの人生に積もっていくのであれば、この人生に積もっていってほしいのは何だろう」

結婚生活に、家庭に、パートナーに、子どもに、あなたのどんな影響が積もっていってほしいかを考えるんです。

家族に積もっていってほしいのは、あなたの怒った顔やイライラか。それとも、笑顔や愛情か。

私たちは率先力をもって、自分の人生に心から望むものを積もらせていきたいですよね。

私は、以前は夫婦関係でも友人関係でもよく悩んでいました。

自分の気持ちをごまかしてたら解決なんてしないから!なんて思い、事あるごとに気が済むまで悩み抜いていました。

だけどそうしているうちに、自分の人生に積もっていってほしいのは、こうした悩みではないっていうことに気付いたんです。

「私なんでこんなに毎日毎日悩んでいるんだろう…。私の毎日って、まるで悩んでしかいないじゃない」って。

それからは、悩むことをやめて、考えることにしました。

どうすれば、今がより楽しくなるだろう。どうすれば、もっと心地良くなるだろうって。

そしてそれに向けて行動し、実現させるのは自分しかいないんだって理解したんです。どんなに周りで色んなことが起こっても、自分の人生をつくっているのは、結局自分なんですよね。

内側から外側へ

「問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。」これは「7つの習慣」の中に出てくる言葉です。

例えば、結婚生活になにか不満や悩みがある時に、パートナーの欠点を責めることで、何の得があるだろうってことなんです。そんなことをしてたら、「自分には一切の責任はない。私はただ無力な被害者であって、問題を解決する能力も知恵もない人間だから、みじめに生きるしかない。」って自分に宣言してるようなもんなんです。そしてその通りの人生を実現してしまうんです。

もし、本当に状況を良くしたいのなら、自分がコントロールできることに力をそそがないと何も変わらないってことなんですね。

つまりそれは、パートナーを正そうとするのではなく、自分自身に働きかけるしかありません。

相手がどうであったとしても、私たちは自分自身を改めることしかできないんですよね。

だけど、自分自身を正すことで、相手に影響を与えることはできます。それが、内側(自分自身)から外側(状況)に影響をもたらすということなんですね。

出来ることはいくらでもあると思うんです。より良い聴き手であること、もっと愛情深い配偶者であること、もっとより良い理解者であること、もっと毎日に幸せを感じる人であること。幸福な気持ちであることも、主体的な選択ですよね。

家事の分担の話なのに、随分と大きな話になってきましたね。だけど、家事の分担が上手くいかない、という悩みは、たまたま形として現れた一つであって、これを表面上解決したところで、やっぱりまた何かに悩む日がやってくる。

私たちは、そういった問題を生みだしてしまう根本的なものを変えていかない限り、そのたんびに新たな問題に取り組んで疲れることになっちゃいます。

もちろん、主体性を持って、率先力を発揮して、自分自身を省みることができたとしても、色んな問題は出てくるとは思います。

だけど、問題を解決する力が自分の中にあると分かってしまえば、それらを必ず乗り越えられるんですね。

あなたの内側が変われば、それは必ず家族に影響します。

だから問題自体も起こりにくくなると思いますし、ゆくゆくは家族からの協力も十分に得られるようになっていくんですね。

ただ、内側の変化が一時的なものじゃなく、「生き方」「在り方」「存在」として定着しないと、家族に影響を与えることはできないんです。

そうすると、テクニックやコツじゃなくて、やっぱり自分自身を根っこの部分から高めることが一番効率も良くて、安定してるんですね。

何より、自分自身が本当に幸せになれます。

自分の内側を変えていくには、自分の中にある最も愛情深い考え方が「習慣になるまで」繰り返し繰り返し、続けていくことが一番手っ取り早いかと思いますよ^^

終わりを思い描くことから始める

後ろ姿

あなたはパートナーとどんな関係を築き、どんな家庭をつくり、どんな人生を送りたいと思ってますか?

あなたがその人生を終える時、あなたはどんな気分でいたいですか?どんな人になっていて、どんな表情をしていて、どんな人たちに囲まれていたいですか?

そして、あなたはどんな言葉を最後に口にし、周りにいる人たちからどんな言葉をかけてほしいでしょうか。

それを、はっきりと思い浮かべてみるんです。紙に書くのもすごくいいですよ。紙に書くっていうのは、それを実現させる上でとても効果があるんだそうです。成功者の多くが、夢を紙に書くことの大切さを教えてくれています。

あなたの思い描く最期が見えたら、それを叶えるため今日を生きていくんです。

例えば私なら、人生を終える時に絶対に後悔していたくないんですね。

私にとって一番後悔になることは、優しくしたかったのに優しくできなかったとか、傷つけたくなかったのに傷つけてしまったとか、夢があったのに挑戦しなかったとか。人生を最大に楽しんでなかったなぁとか。

私は人生を終える時に、絶対にこんな風に思いたくはないんです。

そして、人生はいつ終わるかなんて分かりません。

だから私は今日という日を、絶対に後悔しない自分で過ごすことを心に決めています。

だから、大切な人には今日も感謝を伝えます。明日も伝えます。

もし、あなたがパートナーと思いやり溢れる関係を築いていきたいなぁって思うなら、その為に自分ができることをしていくんです。

そうしたら、きっと思いやりと愛情を持って相手に接するようになると思います。

現状に文句を言ってたら、思い描いた未来がはるか遠くなるだけだっていうことが分かるからです。

もうひとつは、すでにその思い描いた未来が手に入ったかのように感じてみるというものがあります。

「成功したければ、成功者のように振舞え」という言葉がありますが、まずは自分の在り方を変えてしまうということです。

幸せな在り方が、幸せな状況を作り出すという逆転の発想ですね。現状に不満をぶつけながら生きていれば、更なる不満を呼んでしまいます。

幸せな人になりたかったら、手にない幸せを探すよりも、今もっている幸せを抱きしめるのが一番の近道です。

家族みんなで家庭をつくる

家族4

大切なのは、上手くいかないことを証明して生きていくんじゃなくて、自分の持って行き方次第で、自分の考え方次第で、自分の努力次第で、人生が上手くいくことを知って、楽しんで生きてきくことだと思っています。

どうすれば人生に不満が溜まり、ストレスを抱えながら生きられるかを知っていたとしても、わざわざあなたが生涯をかけて実践する必要はありませんよね。

色んな方法があるけれど、人生をより良くすることができるなら、それをやってみて、幸せになっちゃった方がいいんです。

あなたはどんな風に生きて、この人生で何を味わいたいですか?私たちにはそれを選べる自由があるんです。そして本人にしか選べない。

私は、どうせ生きるなら、人生を楽しんで生きたいと思います。

せっかく生まれてきたんだから、自分が本当に望む生き方をしないともったいないと思います。

家事の分担に関する記事は沢山ありますね。そこから知恵やアイデアをもらうのもいいと思います。だけど、目の前の問題がとても大きく苦痛に感じてるときは、ふと別のことを考えてみるのもいいかもしれません。

たとえば家庭問題のことを考えながら、地球46億年の歴史を見てみたり、動物界のことを調べてみたり、医療関係の本を読んでみたり。

「家事分担」「育児分担」と、一つの視点に凝り固まってしまうと、どうしても視野が狭くなってしまうんですよね。

ついつい、目の前の問題が巨大な岩の壁に見えてしまう。

でも横から見たら、案外薄っぺらい板かもしれないし、もっと大きな視点から見れば、とても小さい紙きれかもしれない。

視野を狭くしてまわずに、もっと大きな視点から物事を見てみたり、人生全体として今を眺めてみることで、案外抜け道を発見したり、とても小さな問題のように感じることができるかもしれません。

「こうあるべきだ」とか「こうでないと不幸!」なんていっちゃう世間の空気や周りの意見は気にせずに、自分が本当に望んでいることや生き方、家庭のあり方、パートナーと築きたい関係とかを、自分自身で考えて、感じてみる。

そしてそれを実現させていくために今、自分は何をすればいいのか、どういう気持ちをもつことが大切なのかを、しっかり考えることが大切だと思います。

「共働きで子育てをするなら、こうでないと不公平だ」「今すぐ家事を分担できないと不幸だ」なんていう世間の風潮は関係なく、あなたの家庭オンリーの心地良さを探していくのが一番いいと思います。

もっと本質的な部分に目を向けて、幸せな家族の形を見つめてみてください。大切なのは、本当に家事の分担なのでしょうか?

まずは家族みんなで自分たちの築いていきたい家庭がどんなものなのかを話し合ってみてください。

あなたたちだけが築けるオンリーワンな家庭の形が、あなたの家族みんなにとって自然体で、心地良いものになることを願っています。

スポンサードリンク



コメントを残す

このページの先頭へ