全然、理想のお母さんじゃないけれど。

息子を授かる前、そして出産するまでの期間、たくさんの子育て本を読んだ。

幼児教育にも、子供の能力の伸ばし方にも、心理学にも、興味があった。

だから、それらの知識を蓄え、自分が母親になれたら、最高の子育てをしてあげたい。

理想の子育てをしよう、そう思い描いていました。

しかし実際自分の子育てが始まってみると、全く理想通りにはいかず…。

頭では分かっていても心が上手くついていかないこと。

情報は沢山もっていても、ついイライラしてしまうこと。

子育てをして分かったことは、想像していたよりもずっと、自分がとても未熟であるということでした。

子供の成長には自己肯定感が何より大切だと思っているのに、つい子供を否定するような言い方をしてしまうこと。

どんなことも受け入れてあげようと思っていたのに、つい些細なことで怒ってしまうこと。

「あんなに勉強したけど、全然できねぇな。めっちゃ心狭いやん(笑)」と思いました。

子育てをして、私は自分の未熟さをしっかり体感できてよかった。

思っていたよりずっと、心の狭いやつだということも分かった。

全然余裕もないし、時間に追われるとすぐに焦ってイライラしてしまうこと。

案外人の目が気になること。

とことん付き合ってあげるのが理想だったのに、すぐに疲れてしまうこと。

いっぱい、自分の至らなさを知れて良かった。

それでも、こんな私のもとで、息子はすくすくと元気にわんぱくに育ってくれている。

イヤイヤも癇癪も大爆発で、成長してくれている。

そんな息子に、やっぱり私は毎日ぷりぷりと怒ってしまうけれど。

息子に分かっておいて欲しいことは

お母さんが怒ってしまうのはね、ただお母さんが怒りん坊だからなんだよ。

お母さんが未熟だからすぐに怒ってしまうだけで、あなたが悪いわけじゃないんだよってこと。

お母さん、怒りん坊だし、未熟だし、全然理想通りのお母さんになれてないけど、

こんなお母さんに負けずに、あなたの良さをしっかりと伸ばして欲しいと願います。

こんな未熟なお母さんだけど、あなたのことをとても愛しく、大切に思っています。

これからもよろしく。

いっぱいケンカして、いっぱい仲直りして、仲良く楽しくやっていこうね。

コメントを残す

このページの先頭へ